審美歯科

AESTHETIC

歯や口元はその方の印象を決める重要な要素です。美しい歯・口元を提供するのも私達の役目です。

オールセラミック

オールセラミックは、歯のクラウン(かぶせ物、差し歯)やブリッジ治療における
金属を使用しない最新の治療法です。

従来は、歯のクラウンおよびブリッジ治療においては、十分な強度を確保するため、前歯では裏側に金属加工したプラスティックやセラミックを、奥歯では金属のかぶせ物または金属加工したセラミックを使用しています。ブリッジ治療においても欠損した歯の両側の歯を削り、前述クラウンの連結に金属が使用されています。しかしながら、金属アレルギーや歯肉の後退等による金属の露出によるブラックラインの出現等 いくつかの問題が報告されています。金属と同等以上の強度を持つジルコニア含有の白色のセラミック材料の出現、およびそれを人工の歯に加工するための一連の装置(CAD/CAM、連動した削りだし機器) の出現により、従来までの金属の代わるジルコニア・セラミックスによる歯のクラウンおよびブリッジ治療が可能となりました。この出現により金属アレルギーやブラックライン出現のリスクの回避のみならず、審美歯科への応用もなされるようになっています。

前後の画像

日本国内において、ジルコニア・セラミックスによる治療は2005年にデンツプライ社によりセルコンという名称で厚生労働省の医療用具としての 認可を経て開始されています。海外では2002年より現在まで200万人以上が使用しています。2006年度以降、その他国内外の歯科関連会社が新たに参入しており、今後の歯科治療において、金属に変わる素材としてジルコニアは大きな期待をされています。

  • 治療期間 : 約1ヶ月(約4回の来院)
  • 治療費用 : 110,000円(税込)…1本につき
治療の特長

天然歯に近い色を再現できるセラミックの最大の特長は、他の素材に比べて天然の歯に最も近い色調と透過性を再現できることです。今までは、目に見える部分だけをセラミックで白くして見た目を良くしていました。オールセラミック治療の場合、裏側まで全てセラミックを用いるため、 驚くほど自然な感じに仕上がります。

メリット
  • 金属ではないため、生体が異物として認識せず、金属アレルギーを起こさない。
  • 耐久性に優れ、長持ちするセラミックは非常に高い強度をもつため、欠けたり、すり減ることが ほとんどありません。また、歯とほぼ同じ硬さなので、咬み心地も優しく安心です。
  • 歯ぐきの黒変や、金属の露出もない変色しにくいこともセラミックの特長です。治療後の変色がほとんどなく、 金属の透過による歯ぐきの黒変や金属自体の露出もありません。
  • オールセラミックフルクラウン
    オールセラミックフルクラウン

    治療期間 約1ヶ月(約4回の来院)
    治療費用 110,000円(税込)/1本につき

セラミックスインレー

e.maxシステムで作られるセラミック素材は「二ケイ酸リチウムガラス」という素材で、近年、ジルコニアと並んで注目されています。

前後の画像
  • 治療期間 : 約2週間(2回の来院)
  • 治療費用 : 55,000円(税込)…1本につき
メリット
  • 見た目が良い。
  • 自然な色調で溶け込むようになじみ透明感がある。
  • 天然歯に近い強度、固さを持っている。
  • 金属ではないため、生体が異物として認識せず、金属アレルギーを起こさない。
デメリット
  • 保険適用外診療です。
  • 透明感があるためよくも悪くも元の歯の色が反映されてしまい、希望する歯の色を再現することが困難なことがある。

ラミネートべニア

ラミネートベニアは、付け爪のように、薄いシェル状のセラミックを歯に貼り付ける方法です。そのまま、あるいは歯の表面を0.5~0.7ミリほど削って、 ベニアを貼り付けます。歯の表面を削るだけですので、痛みもほとんどなく、ダメージは最小限に抑えることができます。また、色も透明感も、 普通の歯と見分けがつかない自然な仕上がりになります。ホワイトニングで思ったような白さが出なかった人、抗生物質などによる歯の変色が強い人や、 前歯の詰め物が変色してしまった場合に有効ですし、歯の隙間を埋めたり、多少の歯並びの修正をすることも可能です。変色もなく長期間使用でき、 メンテナンスも比較的楽ですが、セラミックを利用するため費用は高くなります。また、神経のない歯や若年の人、歯軋りがある人には使用できないことがあります。

前後の画像
  • 治療期間 : 約1~2週間(2回の来院)
  • 治療費用 : 110,000円(税込)…1本につき
メリット
  • 歯の削る量を最小限で審美性が回復できる。
デメリット
  • 適応外の場合や回数が多くなることがある。

ジルコニアクラウン

大きな虫歯を削り、あるいは根の治療をした後に土台を作り、 型取りし、ジルコニアの被せ物を装着します。

前後の画像
  • 治療期間 : 治療2回
  • 治療費用 : 99,000円(税込)〜
メリット
  • 高い強度を持ち、また金属のように表面が腐食したり、細かな傷がついたりしないので、歯周病が進行しにくい。
  • 型取りして、次には出来上がる。
  • 歯を削る量が、セラミックスよりも少なくてすむ。
  • 金属のようなアレルギーを起こしにくい。
デメリット
  • 他のセラミックス系の歯に比べると色調があわないことがあるので、前歯には不向き。

シーラーシステムデンチャー

SHILLA SYSTEMは、生体の正中矢状面を咬合器の正中矢状面に具現化出来る特徴を持った治療システムです。咬合器上(噛み合わせを調節する機器)に具現化された正中矢状面と直交する水平面を得ることができることから左右同高・対称的な水平座標の獲得が可能になります。
歯の有無に関わらず、左右対称で高さが同じ位置関係、および前歯部において重要な審美性の再現に関わる垂直的位置関係などの診査・診断に有効なシステムです。

前後の画像
  • 治療期間 : 約2~3か月
  • 治療費用 : 880,000円(税込)… 上下
治療の特長

治療期間は個人差がありますが、約2~3カ月です。これは顎の動きが一人一人異なるためです。そのため、顎の動きの検査を行います。又、正確な歯ぐきの形態を獲得するため型取りも特殊な方法で行います。

メリット
  • 患者さん個々にあった入れ歯で、歯の材質や形、並びもその人に合わせて作り、タコやイカなど、普通の入れ歯では噛めなかったものが噛める。
  • 総義歯は長く使っていると顎の骨が痩せて減ってきます。すると、次に作る義歯は以前のものより安定の悪い義歯になります。シーラシステムを応用して作る義歯は、その人にピッタリと合ったものを作るので顎の骨にかかる負担を最小限にします。そうすると、一度作った義歯を長く使うことができますし、古くなって作り直す時も以前と変わらない安定性のある義歯になります。
デメリット
  • 普通の入れ歯とは違い、顎や顔の骨格の診断などを行うので、期間がかかる。治療用の入れ歯をすることもある。

ホワイトニング

気になる歯の色を短時間で、しかも削ることなく,ジェル状のホワイトニング剤で歯を白くする方法です。 当院ではホームホワイトニングを行います。ホームホワイトニングは歯形にぴったりのトレーを作製してホワイトニング剤と一緒に患者様にお渡しします。一週間ごとに来院して頂き、経過を見ていきます。

前後の画像
  • 治療期間 : 約1ヶ月(個人差あり)
  • 治療費用 : 上顎16,500円(税込) / 下顎16,500円(税込)
治療の特長

歯の着色や黄ばみを除去し、歯を白くする塗料です。
オフィスホワイトニング : 歯科医院で行うホワイトニングです。高濃度の薬液と特殊な光を用います。
ホームホワイトニング : 自宅で行うホワイトニングです。専用のマウスピースと薬液をお渡しします。

メリット
  • オフィスホワイトニング : 高濃度の薬液を使用するので効果が出やすい。
  • ホームホワイトニング : 自宅でできるので、来院する必要がない。
デメリット
  • 知覚過敏の症状が出ることがあります。
  • 効果には個人差があります。