歯科の災害保健医療支援(その1 支援活動について)

202001災害支援01 500

(参照:nico2018.8月号)

 

明日3月11日、東日本震災から9年。来月14日で熊本地震から4年を迎えます。

節目のこの時に、歯科の災害保健医療支援についてお話していきます。

大規模災害が起こった時、現地で保健医療支援活動を行うのは、医科の医療者だけでなく、歯科医療者も、歯と口腔の面から被災者の方たちの健康を支えています。

活動は大きく3つに分けられます。

1 身元確認への協力

    警察の身元確認に、歯科的所見から協力します。

    生前に受けた歯科治療の記録や、レントゲン写真などを照らし合わせ、、

    ご本人の確認を行います。

2 応急歯科診療

    災害によって、現地の歯科診療所が診療できなくなることもあります。

    その場合、仮設診療所を作って、応急的な歯科診療を行いますので、

    これを支援します。また、避難所だけでなく、高齢者施設へも訪問します。

    水・電気・ひと不足のため、優先度を見極めることが大切です。

3 お口からの健康サポート

    避難所は、衛生環境が保ちづらく、風邪や下痢などの感染症に

    なりやすい場所です。「感染症の入り口」であるお口の健康を守るためには、 

    口腔衛生が欠かせません。

    避難所や被災地域でお口のケアやお口の体操をすすめて、被災者を

    サポートします。

 

202001災害支援03 500

 

(参照:nico2018.8月号)

次回は「熊本地震の忘備録」です。

 


印刷   メール