2Fにウォーターサーバーを設置しました

参照数: 341

20200107ウォーターサーバー07

 

1Fの待合室と医局に設置済のウォーターサーバーを、

2Fにも追加で2020年1月7日に設置しました。

2Fでは蛇口にアルカリイオン整水器があり、そのお水を電気ポットで沸かしています。

ウォーターサーバーはロックを解除したら、ボタンを押してすぐさまお湯の出るところがいいですね。

朝からの沸騰時間が悩ましかったこの季節、たいへん好評です。

待合室にあるものと同種で「サントリー天然水ウォーターサーバー」といいます。

サントリー南アルプスの天然水になります。

「鉱水」であり、「軟水」です。

地中でミネラル分の溶解した地下水で、ポンプ等で取水した「鉱水」ですが、

「硬水」ではなく、「軟水」です(あぁややこしい…)。

 

水の硬度は、水質を表す指標です。水に含まれるカルシウムとマグネシウムの総量をいい、

計算式は「 硬度=(カルシウム量×2.5)+(マグネシウム量×4.1) 」となります。

硬度によって「軟水」と「硬水」に分かれます。

硬度100以下が「軟水」。300以上が「硬水」。

中間の100から300は「中等度の硬水」というのが大まかな目安です。

サントリー南アルプスの天然水は、硬度がおよそ30です。飲み口はまろやかでやさしいお水です。

 

20200107ウォーターサーバー0220200107ウォーターサーバー01


非常時のストックになることも、見逃せないメリットです。

非常時用コックをつけることができます。

5つ重ねて保管できるようです。

 

20200107ウォーターサーバー06

 

20200107ウォーターサーバー03 30020200107ウォーターサーバー04 300

 

2Fの事務や訪問診療部のパートナーは、初体験の人もあり、なんだかとってもうれしそうです。

色は黒で、注ぐ際に中腰になりますから、ハムストリングスや大殿筋を鍛えられます(笑)。

 

20200107ウォーターサーバー05 300

 

待合室では、台の上に乗せてかさ上げしております。

無理なく注げますので、ご安心ください。

乾燥する季節は「手洗い」「うがい」が基本ですが、

「定期的に一口お水を飲むこと」で風邪予防になります。

のどに付着したウイルスを胃に流し込み、胃酸でやっつけちゃいましょう。

 

 

印刷