紅はるか

蜜芋タイプのさつまいも「紅はるか」をいただきました。蜜が皮の外側に…^^

 

201912紅はるか02 300

 

(特徴)

紅はるかとは、(独)九州沖縄農業研究センターによって2010年に品種登録された比較的新しいさつまいもの品種です。「九州121号」と「春こがね」を交配させて誕生しました。
収穫は苗の植え付けから130日前後で、大抵のさつまいもと同じ時期です。さつまいもは収穫してからしばらく貯蔵することによって甘みが増すので、食べごろとなるのは11月以降です。

(産地)

紅はるかの主な産地は、大分県、宮崎県、茨城県など。それぞれ、大分では「甘太くん」、宮崎では「葵はるか」、茨城では「紅天使」というブランド名で栽培、販売しています。

 

201912紅はるか01 300

 

いただいた紅はるかは熊本産なので、まだブランド名はないようです。

焼き芋にすると、安納芋とほぼ同等、もしくは「はるか」に甘く、

そのものでありながら、スイーツの域に達するほどの糖度60度を誇っています。

安納芋のねっとり感よりもしっとり感を感じます。

さつまいものほくほく感を残しつつ、しっとりとした後味のよさ。

そして、この甘さ。

スイートコーンの品種改良にも驚きましたが、さつまいもも負けちゃいませんね。

季節に応じて、これだけ豊富に楽しめる今の時代を享受していきましょう。

洗って、水分を残してアルミホイルでくるみ、

オーブントースターの中温500Wでゆっくり50分焼き上げました。

 

201912紅はるか05 300201912紅はるか03 300

 

しっとり感を強く、とっても甘く、上品なお味でした。

このままでも十分美味しいのですが、少しだけ残してオンバターして、よりスイーツ感を味わいました。

 

201912紅はるか04 300

 

ごちそうさまでした。

 


印刷   メール