Master Plus (AUTOMATIC PORCELAIN FURNACE)を導入しました

20200107masterplus02 300

 

技工部(デンタル・プランニング・サービス)では、

デンケン・ハイダンタル社のMaster Plusを新しく導入しました。

こちらの製品は、歯科技工用ポーセレン焼成炉です。

自費のかぶせものである桑田正博先生発案のポーセレンフューズドメタル(PFM)や

オールセラミックレイヤニングクラウンのポーセレンの部分を焼成する機械で、

通称ポーセレンファーネスと呼んでいます。

器を作る際の電気窯のようなものとイメージしてください。

炉内の温度や安定した昇温速度を、

旧製品より極めることで、さらなる品質向上につなげます。

土台となるメタルフレームやジルコニアフレームのゆがみ防止し、

天然歯のように色調を表現し、透明感のあるポーセレンフューズドメタル(PFM)や

オールセラミックレイヤニングクラウンが出来上がります。

保険で適用されている前装冠に比べると、審美性もよく、なによりプラークがつきにくいという優位性が素晴らしいかぶせものです。毎日のハミガキが楽ちんなのです。

治療にて、歯にかぶせものを装着する際は、ぜひご検討ください。状況に応じて、ドクター・歯科衛生士より説明させていただきます。

 

世界に発信するポーセレンファーネスシリーズ!!

20200107masterplus01


印刷   メール