Windows7のサポートが2020年1月14日に終了します

コンピュータを動かす基盤となるのがオペレーションシステム(OS)で、基礎になるソフトウェアです。

市販されているコンピュータにインストールされているOSはWindowsが圧倒的なシェアを持ち、当院でも100%のシェアを誇っています(個人ではMac所有のひとはいますけど)。

そのWindows7の延長サポート終了が2020年1月14日と迫っています。

Windows7がリリースされたのは2009年。この10年の間にサイバー攻撃の手法も巧妙化し、OS自体に防御方法を持たないWindows7はセキュリティー更新プログラムが提供されなくなった途端に、セキュリティーリスクが跳ね上がることがわかっています。

当院に現存するWindows7のPCはデスクトップ1+ノート5の計6台となっており、

慌ただしく新しいコンピュータを購入していきました。最新のOSは、Windows10になります。

長生きしてくれたPCとの関係もあとわずかとなり、名残おしくもありつつ、新PCの対応への覚悟もいります。まっ、慣れるまでは戸惑いますが、それしか触りませんから、じきに当たり前になりますね。

データ移行だけでなく、作業する上でなくてはならないOffice製品もOffice Home &Business 2010が2020年10月13日にサポート終了するのでOffice Home &Business 2019を合わせて購入しました。そのほかにもWindows10対応のソフトが必要になり完全移行までは道半ばですが、なんとか間に合わせなくてはいけません。

1月14日まで50日を切りました…焦りますね(笑)。

 

20191129WIN7 10 02 30020191129WIN7 10 01 30020191129WIN7 10 03 300


印刷   メール