■ 訪問診療   ■ 長野歯科医院  ■ 松下歯科医院

各医院のホームページにリンクしてあります。

理事長挨拶

img 0773 250

私たちが日々治療の対象とするのは人間です。病気だけが対象であれば、もっと楽な仕事であるかもしれませんが、病人が相手 です。私が一番大切にしていることは、病に冒された人の心の治癒です。心の健康なくして、幸せな人生はおくれないのではないだろうか。

もちろん、一本一本 の歯の健康を回復・維持することは歯科医師として大切なことではあるのですが、私は歯、口腔周囲の治療を通じて、地域の皆様の幸せのお手伝いができれば幸 いであると思っています。

医療法人社団徳治会理事長  吉永歯科医院院長 吉永 修

診療の特徴

知ったこと、覚えたことは過去のことである。私達は「毎日が新しいことへの挑戦」という 徳治会イズムを持ち、チャレンジしています

吉永歯科独自のシステム

予約制

当院では患者様の大切なお時間を有効に利用していただきたいという思いで、ご希望の時間の予約制を導入しております。(急患、新患、随時受付)

予約前日メール配信

予約された方は、前日の午後携帯電話の方にメール配信にて予約時間をお知らせします。

担当制

患者様1人ひとりに担当の者が付きます。歯科医師が立てた治療計画をもとに安心して治療が受けられる様、又満足のいく治療ができる様、細かな所まで気配りを致します。

スペシャリストの導入

ishii 石井 穣 先生(横浜在住)

◎ 歯科技工士
◎ 整体師
(月に1度来熊)

主に、顎関節、口腔周囲筋のバランス、全身の姿勢などの問題について整体師の視点からカウンセリングを行っています。

 
ueda 上田 幸子 先生(熊本市内在住)

◎ フリーランス
(月に2回、第1金曜,第3金曜来院)

歯周病に関しての先進国スウェーデンのイエテボリ大学で研修されました歯周病のスペシャリストです。

歯がぐらぐらして物が噛めない!!
これ以上歯を失いたくない
口臭が気になる

上記でお悩みの方、1度、上田先生に診てもらってはいかがでしょうか?

 

安心・安全のため対策

第二種滅菌技師(日本医療機器学会認定)が在籍し、院内感染防止対策の維持・向上に努めています。滅菌業務は滅菌専属のスタッフが行っています。

院内感染予防対策

1.医療法において義務付けられた項目

① 標準予防策
② 抗体価検査・予防接種
③ 針刺し・切創対策
④ 危険物の分別を徹底
⑤ 感染対策委員会の設置、開催(月1回程度)
⑥ 院内感染対策マニュアルの作成、定期的に見直し改訂
⑦ スタッフへの研修会を実施
(年2回程度、日時・内容・出席者等)

2.当院での取り組み

① 標準予防策(スタンダードプリコーション)

すべての患者さんが感染症を持っているという仮定に基づいて感染症対策を行うという考え方です。目的は、患者さんの院内感染を阻止すること、 そして、医療従事者の業務による感染を防ぐことです。CDC(米国疾患管理予防センター)が提唱した概念です。これは、日本でいうと厚労省のような機関です。 院内感染防止対策はこのCDCのガイドラインを基本としています。

このため、全ての使用済み器材は標準予防策に基づく取り扱いが必要となります。

・患者さん毎に手指衛生とグローブの交換を行います。
・患者さん毎に滅菌済みの器具とタービン(歯を削る機械)を用います
・器具によって滅菌機械を使い分けます

② 抗体価検査・予防接種

スタッフに、B型肝炎の抗体価を測定、陰性または基準値以下の場合は予防接種を行います。また、毎年11月頃にインフルエンザワクチンを接種します。
そして、出勤時に体温を測定し、平熱より基準値を上回る高温であれば帰宅、より上回れば病院受診を義務付けています。

③ 針刺し・切創対策

積極的にB型肝炎ワクチンを接種しています。また、診察時、血液や体液を扱う時やそれらが飛散する時、汚染器材を洗浄する時等、 その処置に合った個人防護具を適切に着用します。

・使用済みの鋭利な器具用には、針捨てBOXを設置しています。
・必ず施術者が事後処置を行います。

④ 危険物の分別を徹底

血液などが付着したガーゼ類や注射針、鋭利な器材は、感染性廃  棄物として処理します。また、注射針などの鋭利な器材は、専用の耐貫通性の容器に安全に廃棄します。
感染性廃棄物は、専用の容器にバイオハザードマークを貼付して、適切に保管、排出し、委託業者を通じ適切および安全に処理します。

⑤ 感染対策委員会の設置、開催(月1回程度)

外来・訪問両診療部より安全管理委員を選出し、毎月院内感染対策委員会を開催し、対策レベルの品質を管理し、全員に周知徹底しています。

⑥ 院内感染対策マニュアルの作成、定期的に見直し改訂

院内感染対策マニュアルを作成し、定期的な院外研修を受講することにより、見直しを行います。

⑦ スタッフへの研修会を実施

滅菌専属のスタッフを配備し、滅菌技師による研修会を行います。


印刷   メール